ブルーワトル(アカシアサリグナ)

アカシアサリグナは多年草です

画像-ウィキメディア/アンナアニチコワ

La アカシア・サリグナ 成長の早い常緑樹で、ほとんどどこにでも生えます。 根が非常に長く、年齢とともに幹が太くなる傾向があるため、大きい限り、沿岸庭園にとって特に興味深い植物です。

春のように咲くと、その冠は黄色い花でいっぱいになり、枯れると地面に落ち、美しい花の「カーペット」を作ります. しかし、 どのように世話をするのですか?

それはどこから来たのですか?

La アカシア・サリグナ青いミモザまたは青いアカシアの名前で知られている、 オーストラリアの南海岸のほぼ全域に自生する木です。. それは、単独の標本として、またはグループで、ならびに貧弱なまたは耕作された土壌で成長することができます. 彼には好みがありません。 実際、ほとんどすべての環境に容易に適応し、干ばつにも耐えます。

その種子は、ある程度の水分があり、温度が 18ºC を超えている限り、春に問題なく素早く発芽します。 条件も良ければ、 最初の年に高さ1メートルまで成長することができます、あっという間に美しい庭木になります。

の特徴は何ですか アカシア・サリグナ?

青いミモザは木、または時には大きな常緑低木です。 最大高さ8メートルに達する. 王冠はかなり広く、成体になると4〜5メートルに達し、影を落とします。これは、経験上、非常に心地よいと言えます。

その葉は披針形です、つまり、槍の形をしており、長さ約30センチ、幅約5センチです。 これらは青みがかった緑色で、他のものに置き換わるため、週が経つにつれて落ちます.

アカシア・サリニャの花は黄色

画像-ウィキメディア/ Zeynel Cebeci

花は小さなポンポンのように見え、直径 1 cm で色は黄色です。 果物に関しては、長さ15センチ、幅1センチまでのマメ科植物であることを知っておく必要があります。、約5個ほどの種子が含まれています。 これらはこげ茶色で、約 3 x XNUMX mm の大きさです。

どのようなケアを行うべきですか?

さて アカシア・サリグナ 一度定着すると自力で治ると言える植物です。 ですから、一生を通じてどのように世話をすべきかを説明するだけでなく、飼いたい場所に順応し、うまく適応できるようにするために何が必要かを説明します。

直射日光

あなたは決して見逃すことはできません、 発芽したばかりの種だからですらありません。 それが健康で正常に成長するためには、日陰に植えてはいけません。日陰にすると寿命がかなり短くなります。

できるだけ早く地中に植える必要があります

Acacia saligna は中型の木です

画像-ウィキメディア/アンナアニチコワ

前にも言ったように、 アオバッタの根はとても長くて強い、成長が早い木なので、早めに地植えすることが大切です。

このようにして、ポットでは難しいので、幹がはるかに太くなるようにします。 そして、非常に心地よい日陰を提供する多くの枝も芽生えます。 しかし、はい、それはそれを台無しにしないように、壁、パイプ、および他のものから離して行う必要があります.

ダメージといえば、霜について心配する必要はありません。 -12ºCまでの耐性.

若い標本だとできない

若いうちはなおさらですが、鉢植えの場合は、あまり枝が出ない(またはまったく出ない)のが普通です。 このため、新しいブランチを作成するために剪定する必要がある場合があります。 しかし、私の観点からは、これはエラーです。分岐しない場合は、まだ十分に古くないか、および/またはスペースがあるコンテナ内にあるためだと考える必要があるためです。限定。

彼にそれをさせるために、 単純に地面に植えるのが最善です. 彼がどれだけ素敵なカップを持っているかがすぐにわかります。

鉢植えの場合は水を控えめに。

それは長期間の干ばつに耐えることができる植物ですが、これは、少なくともXNUMX年前に地面に植えられた、または発芽した場合にのみ当てはまります. ポットでは、これに注意する必要があり、土壌を長時間乾燥させたままにしないでください.そうしないと、根が傷み、葉が落ちます。

それを避けるために、 一年の暖かい季節には、週に数回水をやらなければなりません、残りのリスクをスペースに入れます。 庭に植えたら、最初のXNUMX年間は控えめに水をやり続けます。

春に種をまく

アカシアサリグナの種は小さい

画像-ウィキメディア/フィルマリン

より多くのアカシアを得るために、春がすでに始まったら種を蒔くことができます. それのための、 ストレーナーを使用して沸騰したお湯に24秒間入れ、温水または室温でXNUMX時間入れることをお勧めします. 翌日、万能基質を使ってポットに播種する必要があります(購入できます) ここで)、それぞれにXNUMXつ以上入れず、XNUMXセンチメートル以内に埋めます。

それらに水をまき、太陽の下に置きます。 7 ~ 15 日後 (種子が古い場合はそれ以上) 発芽し始めます。

あなたはどう思いますか アカシア・サリグナ? 庭木としていかがですか?


記事の内容は、次の原則に準拠しています。 編集倫理。 エラーを報告するには、 ここで.

コメントを最初に

コメントを残す

あなたのメールアドレスが公開されることはありません。

*

*